S5Q的三国志大戦考察

三国志大戦の「カード」について、S5Qな観点から一枚づつ考察(思い入れとも言う)を書きなぐるブログです。たまに自身の戦歴やら考察なども書いていきます。

武将おみくじ 

プロフィール 

松本引越センター

Author:松本引越センター
チーム名:冬甘言♪
メインIC:松本引越中心

2007年3月7日、ついに覇者に到達。
只今徳5まで上がってきました。そろそろ大真面目に覇王を狙ってみようか?と思ってる所です。結局槍はあんまり私には向かないので、また一生懸命魏4に磨きをかけたい所。

張遼・関羽・龐徳・賈詡、魂の騎馬単魏4デッキ使い。最近のサブデッキはSR周瑜・SR孫策・SR関羽の業炎ケニア。もしくはSR蜀ダブルライダー入り純正(?)業炎ケニア。
業炎は武力8の弓であることを忘れて自滅する毎日を送っておりますorz。


サブIC:長和文明(6品)騎馬単魏4専用IC。未だ2には参戦せず。
この前カードを忘れた時に作った4ホースメンという、これまた魏4専用サブカもあります(1州)。


このブログはリンク(相互は特に)大歓迎です。もしよろしければ、コメントを添えていただけると助かります。

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 
SRkannu.jpg





さて、間髪置かずの3回目ですが、

漢寿亭侯というか魏の髭魔人でおなじみ、

関雲長様でございます。


覇王も使ってるということで一時期ブームになった魏4デッキ(今もfan114覇王がまたぞろ使ってますが)。私も御多分に漏れずチャレンジしたんですよ。


はっきり言いましょう。
私には無理でしたorz。
もともと神速デッキばかり使っていた人間に、ふと一枚槍を手渡されて、「さあやって御覧なさい」と言われても、そもそも勝手が違いすぎます。迎撃を取りつつ後方から馬が突撃する、と言葉で書くと簡単そうですが、あれどうやってやってるんですが?私のように利き腕でないと細かい操作ができない人間には、正直無理目でした。

「いいなあ。魏4やってみたいなあ。ま、俺には無理だわ」と思っていたところ、
新カードにて颯爽と出てきたのがこの殺人サンタ様だったというわけです。

騎馬単人間にとって、正に福音とも言うべきこのカード。しかも珍しく自引きに成功!当然使いますわな。

これまでの関羽よりもオツムは弱くなったかもしれませんが、勇猛持ちで一騎討ちも安心。それに何といっても、

もう誰も俺を止められん

のだみ声と共に炸裂する武力30オーバーのあの方が出てきた瞬間、ドーパミンがどくどく噴出されてきて、勝負度外視で楽しくなってくること請け合いです。ダメ計で簡単に止められることも多々ありますが。

ところで、SR張遼とダブルライダーなんて言われ方もしますが、魏版の方はどう考えてもよりディフェンシブな戦い方になりますね。白銀や神速戦法のようにサクサク出せる計略ではないんで、実は頭を使うデッキだな、と最近痛感しております。ただ、うまく立ち回って勝ちを収めると、病み付きになること請け合いです。是非お試しあれ。



というわけで、現状の私のメインデッキは馬単魏4デッキなんです。
ここまで書いたら、次回のカードはあの人しかいません。

そう、愚昧な戦略を後悔するがよい

でおなじみのあの人です。
スポンサーサイト
2006/04/12 01:11|三国志大戦TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mhcenter.blog62.fc2.com/tb.php/4-5b39bbc6
 

歯車時計 

最近の記事 

最近のコメント 

ペットさん 

占いとかしてみます? 

FC2カウンター 

ブログ内検索 

RSSフィード 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 S5Q的三国志大戦考察 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。