S5Q的三国志大戦考察

三国志大戦の「カード」について、S5Qな観点から一枚づつ考察(思い入れとも言う)を書きなぐるブログです。たまに自身の戦歴やら考察なども書いていきます。

武将おみくじ 

プロフィール 

松本引越センター

Author:松本引越センター
チーム名:冬甘言♪
メインIC:松本引越中心

2007年3月7日、ついに覇者に到達。
只今徳5まで上がってきました。そろそろ大真面目に覇王を狙ってみようか?と思ってる所です。結局槍はあんまり私には向かないので、また一生懸命魏4に磨きをかけたい所。

張遼・関羽・龐徳・賈詡、魂の騎馬単魏4デッキ使い。最近のサブデッキはSR周瑜・SR孫策・SR関羽の業炎ケニア。もしくはSR蜀ダブルライダー入り純正(?)業炎ケニア。
業炎は武力8の弓であることを忘れて自滅する毎日を送っておりますorz。


サブIC:長和文明(6品)騎馬単魏4専用IC。未だ2には参戦せず。
この前カードを忘れた時に作った4ホースメンという、これまた魏4専用サブカもあります(1州)。


このブログはリンク(相互は特に)大歓迎です。もしよろしければ、コメントを添えていただけると助かります。

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 
20060416142959.jpg



私、深夜に何を考えてたのか(どう考えても頭のネジが飛んでました)、気が付くとグーグルで「S5Q」を検索していました。

うちのページが前の方に出てる・・・。


 ξ皿ξ   アヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャ
  (゚∀゚)
0(( ( 0((()
   > >


びっくりしたわぁ・・・。
今後ともよろしくお願いします。



こうして自分の書き込みを見ていると、天敵について結構書いてるんですねぇ。しかし!自分の愛用カードについては

あんまりたいしたことを書いてないorz。

なんか悲しくなってきましたので、改めてデッキ考察などしてみようかと。

このデッキを使いたいと思ったのは、先日も書きましたがSR関羽を引いた時から。
それまでオズマソウジ覇王型神速(R郭嘉入り)でやってたんですが、「もしかしたらこれもいけんじゃね?」と漠然と考えて思っておりました。
その考えが確信に変わったのは、頂上対決でムック覇王が見せた華麗なプレイです。
「関羽強えぇぇぇぇぇ!」次の日から狂ったようにやっておりました。

それから早や数ヶ月。まあ華麗なプレイには相変わらず程遠い状態になっております。4枚デッキに共通して言えることですが、基本的に頭数が足りないですから、どうしてもまずはディフェンスありきなんですね。また、基本的に士気は使わないプレイングが要求されます。正に計略は一撃必殺の時でないと使えません。
とは言いつつ、初手でいきなり特攻戦法使ってたりしますが(w。

というか、どうしても初手に一撃を入れないと気がすまない・・・間違えた、一撃を入れておかないと、後々のプレイングに非常に影響します。騎馬単なだけにダメージは微々たる量です。ディフェンシブなデッキとしては、序盤である程度優位を確保しておかないと、落ち着いて試合をコントロールできないんです。大抵攻城力があちらが上。胃がキリキリするような緊張感が、結局試合終了まで続くのが辛いんですが、うまく立ち回って勝ちきると、これはもう病みつきになります。言い換えればエクスタシーとでも言いましょうか。

そうか、俺はマゾだったのか(w。

・・・自分の性癖は置いておいて、
個人的な得意デッキ及び苦手デッキを書いてみたり。


お得意様

・火計デッキ系
明らかに向こうが「狙ってるな」、というデッキが意外にあります。夷陵とかメガシューユ砲とか。この場合、離間をかけておけば完落ちすることはまずありません。もしくは、アタッカーを誰か犠牲にしつつ、おもむろに鬼神様を降臨させれば無問題。意外に呉バラは抵抗ありません。

・暴虐デッキ
最近はやりのデッキですね。ただ中品だと、単純に攻めたいから軽く使ってくる人も多いです。そういう方には我が高武力で天誅を喰らわせる・・・喰らうことも最近多くなりましたorz。ただ、ギリギリまで粘ることが出来れば、それほど高武力が多いデッキでもないので、何とかなります。勝手にゲージが減ってくれるのも大きいです。

・悲哀デッキ
最近効果時間が短縮してるので、スネオ狩りディフェンスでどうにかなったのが多いです。あと、ワラワラということは・・・鬼神様の出番ですわ。まず押し負けません。ナミさんには試合終了まで踊っていただくことが多いです。

・全突デッキ
大抵はガチ勝負になりますが、スピードはこちらが上。全突発動と同時にこちらも神速!
全力で逃げ回ります。・・・勝つためですよ?
まあ冗談はさておき、連突されないようにすると1~2体が生き残り、攻城できたりします。


こちらがお客様

・英傑号令デッキ
覇王は伏兵でアボーン、大徳は槍ばっかり、手腕は・・・あんまり見かけないな。強烈な武力には意外に弱いことが判明しました。見るといやになる・・・。

・天啓デッキ

無理!以上。

・隙無き系デッキ
目下最大の難敵。士気差がモロに現れるのが辛いです。大抵顔良さんがいるので、常時武力13がウロウロしているのも気になります。顔良を落とした後の「攻撃あるのみじゃ!」には殺意すら覚えます。

・増援がいるデッキ
兵力を回復されるのは、武力差だけでは如何ともしがたい所です。ダメ押しされるんですね。だから頭数を意地でも減らさないと・・・と無理をしてしまいがち。増援の法も辛いですね。

・神速デッキ
ミラーマッチは辛い・・・。単純に読み合いになりますから、頭の良い方が勝ちます。そして私は頭が悪い・・・。


色々書きましたが、ポテンシャルは高いと思いますよ!
頂上対決でたまに見ますし、

私でも先駆け大会で覇王に勝てたから!

↑これ、唯一にして最大の自慢です。
スポンサーサイト
2006/04/16 15:50|三国志大戦TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://mhcenter.blog62.fc2.com/tb.php/14-5e72e988
 

歯車時計 

最近の記事 

最近のコメント 

ペットさん 

占いとかしてみます? 

FC2カウンター 

ブログ内検索 

RSSフィード 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 S5Q的三国志大戦考察 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。